尾 道 時 間  w i t h L E I C A

愛しのフランソア

東京の友人(陶芸家)が京都で個展を開くとの葉書が届いた。随分会っていなので京都へ行く事にしたのである。
どうせ、京都に行くのなら愛しのフランソアにも。昭和9年(1934年)粋な喫茶店、フランソアが開店したのであった。
欧風調(イタリアバロック様式のドーム、エンタシスの柱)を取り入れたインテリア。これは、見る価値有ります。
壁や窓は色鮮やかなステンドガラスが飾られている。当時の姿が忍ばれる・・まるで巴里のカフェに居るようだ。
これからも、此所にに足を運ぶだろう。喫茶店としては、国の有形文化財になった建築物はフランソアが初めてである。


e0257649_11175227.jpg
⬆️美しい彼女は、愛しのフランソアでありません・・あしからず(笑)。喫茶フランソワに来ていたお客様でした。
e0257649_11190765.jpg
⬆️何方かと言うと大人が似合うカフェ(喫茶)かも知れませんね。・・・巴里に居るような錯覚を覚えます。
e0257649_11202519.jpg
⬆️歴史を積み重ねた重厚な室内にはステンドガラスが似合いますね。良い物は良い味をだしますね・・え、俺等の事。
e0257649_11213711.jpg
⬆️俺等はピエール、ちょっと成りきってオーダーします。ドゥーカフェ・シブププレ・・給仕さんに伝わったかな。
e0257649_11225047.jpg
⬆️黒いハットに、黒いコートの年輩の方が入店した。まるでフランス映画のワンシーンのようだ、パチリ致しました。
e0257649_11235773.jpg
⬆️室内の調度品が素敵なのである・・あれもこれも。年代を重ねて味になるんですね・・人も。・・其の通りである。
e0257649_11251276.jpg
⬆️フランソアの灯りのデザインも素敵ですよね。昭和9年のデザインとは思えませんね・・先代達は良い仕事をするね。
e0257649_11260751.jpg
⬆️若き頃の画家・藤田嗣治かも知れません。いいえ、似ていますが俺等です・・ポパイ・オヤジであります。

ところで、喫茶フランソワは・・創業者:故立野正一氏によって創業。若き頃から画家を目指し美術学校に通っていた。
店名は、彼が敬愛するフランスの画家=ジャン・フランソア・ミレーにちなんでいる。皆様、ミレーをご存知ですよね。
フランソアに通った人々は、画家・藤田嗣治を始めとする著名な文学者、舞台人が文化・芸術論を共有したのである。
俺等も彼等と一緒に語りたいものだ。この場所は、彼等の語り合う雰囲気が伝わって来る。ああ・・愛しのフランソア。

撮影:JPEG

# by onomichi-jikan | 2017-10-20 17:51 | Comments(0)

LEICAと保存ボトル

料理&お菓子作りに拘る人には保存ボトルは必要だ。出来れば、俺等は中が見えるガラスボトルの方が好きなのである。
季節の果物のジャム&シロップ、季節の野菜のピクルス等々を入れたい。棚に並べると部屋のインテリアにも成りそうだ。
我が家のオリジナルな食べ物には、作り手の愛情も沢山入っている。・・これが、美味しさの秘訣かも知れませんね。
拘りのミセス・オリーブにお任せしてあります。俺等は作りませんが、・・素晴らしいテイスターであります(笑)。


e0257649_08155624.jpg
e0257649_16033284.jpg

ところで、今は便利な世の中です。世界中の欲しい物がネットで買う事が出来ます。・・どう考えても便利ですよね。
随分昔に成りますが、素敵な保存ボトルは欧米に行ったと時等しか購入出来ませんでした。行けば必ず購入しました。
今では中国製ですが・・。今は、このブランドのメドイン・フランス&USAを根気よく探しております。

撮影:JPEG

# by onomichi-jikan | 2017-10-05 17:29 | Comments(0)

LEICAと賑やかなサボテン

サボテン、多肉植物が好きなポパイ・オヤジであります。部屋の中は、大小問わず鉢植えが並んでいる我が家である。
左のサボテンは賑やかなんですよ・・どこがって。ミッキーが居て梟も住んでいる・・そしてハートが可愛いでしょう。
そんな風に見えませんか・・想像力豊かな人しか見えないかも知れません。・・俺等は想像力豊かなオヤジですが。
サボテン・多肉直物が徐々に増えているのである。個性夫々で、増えて来る事はこれ又楽しい事でもあります。


e0257649_13315669.jpg

ところで、最近・・植物を植える鉢が楽しいのである。一般的には綺麗な鉢が基本的には好まれるはずです。
少し、使い込んだ感じの鉢が受け入れられている。言えば、新品な物をエイジング加工したものが流行っています。
鉢が少し欠けているとか、ヒビを入れて仕上げた物、ペイントを禿げさせたた物等。・・俺等の事ではありませんよ。

撮影:JPEG

# by onomichi-jikan | 2017-09-18 13:06 | Comments(0)

LEICAと過ぎ行く夏

今日も、昼間は夏日です。九月、夜には涼しさが増して来ている日々です。岸辺の人は夏の装いが多い。
この夏の楽しい事、嬉しかった事はありましたか・・そして、恋につてはどうでしょうか。良い思い出の夏でしょうか。
20代の頃までは、夏には何かがあると言う思いがありました・・根拠はありませんが。輝く青春を感じた夏の季節。
茅ヶ崎、油壺、葉山に夏問わず良く通ったものです・・海が見たくてね。今は毎日尾道の海を眺めている俺等が居ます。


e0257649_17573951.jpg
e0257649_17580630.jpg

ところで、海辺の町に住むと穏やかに成りますね。町の人は穏やかな人が多いと思えます・・尾道の海も穏やかです。
人は、海を眺めると何故か落ち着きます。尾道の岸辺に人が集まって来るのもそうでしょうか。・・癒されたいのかな。
岸辺で、愛を語る。未来を想像する。海を見ながらでは本音が形に成って行きそうだ・・そうだ、岸辺で語ろう。

撮影:JPEG

# by onomichi-jikan | 2017-09-16 00:00 | Comments(0)

LEICAと笑い顔は幸せの証し

いよいよ、岸辺も秋が近づいて来ています。でも、今日は暑い夏日でした・・今日位は我慢致しましょうか。
本当に楽しそうな笑い声が聞こえて来たのである。屈託のない楽しいそうな笑い顔でした・・笑える事は良い事ですね。
状況から見ると、このカップルはうまく行っている様であります。・・この笑い顔は幸せの証しですね。
最近、こんな素敵な笑い顔を見たのは久しぶりです。此方も見ていて気持ちが良いです。笑いある生活をしていますか。


e0257649_14204653.jpg

ところで、素敵な笑い顔は相手に好印象を与える事が出来ます。若い頃、鏡の前で笑い顔と微笑みを研究した物です。
でも、こればっかりは本心から笑いが生まれて来ないとだめですね。・・作り顔は目を見れば分かりますよね。
妥協も私欲も考えず本心から笑ってみますか、皆さん。・・きっと、楽しい幸せの時間が届くかも知れません。

撮影:JPEG

# by onomichi-jikan | 2017-09-14 15:00 | Comments(0)

LEICAと染まり行く

少しずつでありますが、過ごし易く成って来ました。これで、益々写欲が沸いて来そうであります。
野山が、朱色に染まって行くのが待ちどうしいポパイ・オヤジであります。・・皆さんは如何でしょうか。
日本の、染め物の色は全て自然の植物等から頂いた物ですよね。植物の染め色は、なんとも言えない美しさを生む。
自然から多大な贈り物を頂いているには、人はあまり自然に対して優しくありませんね。でも、自然は怒ると恐いね。


e0257649_12175060.jpg

ところで、最近発売されたニコンD850は凄いカメラですね。基本をしっかり見つめて作った完成度の高いカメラです。
俺等の普段使いには無理です。ミラーレスカメラ愛用者ですから。しかし、三脚に取り付けて風景を撮って見たのだ。
JPEG撮って出しの画像を見て、おったまげえ〜です。ニコンの本気度が垣間見えた・・起死回生を狙ってるね。
これは売れそうだ・・4500万画素の威力に参った。ED24-70F2.8の描写力にも参った。欲しいと思う物欲に参った。

撮影:JPEG

# by onomichi-jikan | 2017-09-12 13:05 | Comments(0)

LEICAとこれもアート

先日、知り合いの方が我が家に持参してくれました。自然が織り成すアートそのものを・・秋を先取りです。
これはフランス原産の植物だそうです。でも、名前は忘れました(笑)。ドライフラワーにするには一手間かかるそうです。
乾燥させるだけではなく・・一枚ずつ何かを手作業を致します。ドライではなく、愛情こもったドライフラワーですね。
早速、花器に入れて部屋に飾っています。部屋が秋の雰囲気を醸し出している。沢山有ると良いな、沢山欲しいな(笑)。


e0257649_14151940.jpg
e0257649_12065052.jpg

ところで、花の命は短くて苦しき事のみおおかりけりと林芙美子が詠っています。・・自分の人生を詠ったものです。
でも花達には別の第二の人生があるようですね。咲いても枯れても、私達に美しい姿で楽しませてくれますね。
アートな人生って奴ですかね・・。出来れば、人もアートな人生で有りたいものだ。俺等はアートに生きています(笑)。

撮影:JPEG

# by onomichi-jikan | 2017-09-10 00:00 | Comments(0)